ハンドメイド

ハンドメイド初心者がそろえるべき最低限のツール10選【ミシン初心者】

ママとも
ママとも
子どもが生まれたから、洋服を手作りしてあげたい。

ハンドメイドを始めたいけれど、何が必要なの?

最初から全部集めるわけじゃなくて、最初は本当に必要なものだけを知りたいなあ。

ちか
ちか
 そんな悩みを持った方のために、ハンドメイドを始めるときに、最低限必要なものをご紹介します。

私自身もハンドメイドを初めて半年くらいですが、最初からすべてのものを揃えなくても、何とかなっています。

少し上達してくると、徐々に必要なものがわかってきますよ。その時に追加で購入するといいと思います。

ママとも
ママとも
なるほど。始めはやっぱり全部そろえる必要ありませんよね。

最低限必要なものはこれ

1.ミシン

子供服をつくるにあたって、ミシンは必須です。

手縫いでもできないことはありませんが、よりきれいに早く仕上げたいのならば、購入したほうが良いです。

ミシン選びは慎重に!ミシン選びを失敗しないためのおすすめポイントとは?

私は、子どもが生まれて5か月の時にミシンを購入しました。

まだ子どもを連れて、手芸店などに買いに行くのは難しかったので、ネットで購入しました。

 このミシンを買ってよかった点は

  1. 刺繍ができるので、将来子どもが保育園や幼稚園に行くときに、名前や絵の刺繍ができる。
  2. 糸通しがレバー一つで、一瞬でできるので、簡単。
  3. 液晶画面にタッチして選択するので、わかりやすい。
  4. ボタンホールが全自動できれいにできる。

というところです。

ハンドメイドで洋服をつくりたいのであれば、刺繍機能や、ボタンホールを自動で作ってくれる機能があるものをおすすめします。

created by Rinker
brother
¥114,400
(2020/09/25 00:38:10時点 Amazon調べ-詳細)

2.アイロンとアイロン台

これも必須ですね。

アイロンを使うシーンは様々です。

  1. 布の端を三つ折りにして折り目をつけるとき
  2. バイアステープをつくるとき
  3. 縫い代を割るとき
  4. 接着芯をつけるとき

などがあります。とにかく絶対使います。無いと困ります。おうちにあるものでOKです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥16,500
(2020/09/25 00:38:11時点 Amazon調べ-詳細)

3.ロータリーカッター(はさみでも可)

これは、はさみでもいいのですが、布をまっすぐ切りたいのなら、これはあったほうが良いです。

ハサミで切ると、どうしても布が浮いてしまい、ぴったりと型紙と布を合わせた状態で切ることができませんが、ロータリーカッターなら、布や型紙をずらすことなくきれいに裁断することができます。

 

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥1,036
(2020/09/25 00:38:12時点 Amazon調べ-詳細)

カッターマットも忘れずに。将来的に、洋服をつくりたいのなら、一番大きいA1サイズのものがおすすめです。大抵の子供服の型紙ははみ出さずに収まります。

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥3,027
(2020/09/25 00:38:13時点 Amazon調べ-詳細)

4.マチ針、縫い針、ピンクッション

これも必須です。ソーイングセットを購入すれば、マチ針や縫い針、ピンクッションは必ず入っていると思います。

マチ針は、布がずれるのを抑えたり、ほつれを防止したり、布を裁断するときに使ったりと、様々な場面で使います。

そして、結構曲がったりしますので(私だけ?)、20本以上あると安心です。

5.はさみ

はさみは、布を裁断する以外でも、糸を切ったり、テープを切ったりと何かと必要になってきますので必ず必要です。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥5,254
(2020/09/25 07:50:13時点 Amazon調べ-詳細)

6.リッパー

リッパーは縫い目をほどくために必要です。間違えて縫ってしまった場合や、縫い目がきれいにいかないときには、やり直すために縫い目をほどきます。

縫い目をきれいに仕上げることについては、出来る限り妥協しないほうが良いです。完成したときに、せっかくできたのに、どこかゆがんでいたり、詰まっていたら、なんとなく見た目が残念でテンションが下がります。

妥協しないで何度でもほどいてやり直すことが、きれいに仕上げるコツですので、リッパーは必需品です。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥430
(2020/09/25 07:50:13時点 Amazon調べ-詳細)

ちか
ちか
リッパーはボタンホールを作るときにも使いますよ。最後、ボタンの穴をあけるのはリッパーなんです。
ママとも
ママとも
へえ。ボタンホールにも使うんですね。

7.定規

定規はできれば、20センチ程度のものと50センチ程度のものを2種類用意したほうが便利です。

  • 20センチのほうは、主に、縫い代(1センチ程度)をはかるときに使います。このときは、なるべく小さな定規のほうが使いやすいです。
  • 50センチのものは、型紙を写す際に長い直線を引くときに使います。このときは長いほうが便利です。
created by Rinker
クロバー(Clover)
¥687
(2020/09/25 00:38:16時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥1,210
(2020/09/25 00:38:16時点 Amazon調べ-詳細)

8.目打ち

目打ちは、穴を開けて印をつけたり、縫い代の角を整えたりするほか、ミシン縫いのときの布送りや縫い目をほどくときにも使います。

これも持っていたほうが良いです。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥636
(2020/09/25 00:38:17時点 Amazon調べ-詳細)

9.水性チャコペン

時間が経つとインクが自然に消えるものや、水につけると消えるものがあります。

布に印をつけるときに便利です。間違えて書いてしまっても、時間が経つと消えるので、気楽に使えます。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥990
(2020/09/25 00:38:18時点 Amazon調べ-詳細)

10.ハトロン紙

このハトロン紙は、切り取って型紙になりますので、必ず必要になります。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥1,540
(2020/09/25 07:50:14時点 Amazon調べ-詳細)

あったら便利なもの

バイアステープメーカー

バイアステープとは、襟ぐりや袖口の端の処理のために使うテープです。

ふちどりテープという名称で売っている場合もあります。

布の端を挟むようにして縫いつけて使います。

バイアステープは完成品も売っていますが、待っている布で自分で作ることもできます。

バイアステープメーカーは、細く切ったの布を通して、アイロンをあてて折るだけで簡単なバイアステープを作ることができるので、便利です。

卓上ライト

大抵のミシンには、手元の縫う部分にはライトがついていますが、さらに明るく照らすために、卓上ライトを使用しています。

十分に明るいほうが作業しやすいです。

子ども用サイズのハンガー

実際に作った洋服をかけるために、あったほうが便利かもしれません。

ちか
ちか
 おしゃれなハンガーに洋服をかけて撮影すれば、素敵な写真が撮れますよ。

 

無くても代用できるもの

ウエイト(布のずれを防ぐ重し)

これは、重いものならなんでも代用可能です。

例えば、私はウエイトの代わりにコードレスアイロンを重し代わりに使っています。持ち手もしっかりとしていて持ちやすいですし、作業スペースにはアイロンが必ずあると思うので、余計なものが増えなくて場所も取らず個人的におすすめです。

ちか
ちか
 コードレスアイロンが、使った直後で熱いときは重しに使えないので、辞典などを使っています。
ママとも
ママとも
重しと言ったら辞典ですよね(笑)
created by Rinker
クロバー (Clover)
¥1,212
(2020/09/25 00:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

初心者でもわかりやすいおすすめの本

仕立てのきれいな着ごこちのいい小さな子の服

created by Rinker
¥1,430
(2020/09/25 00:38:21時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは、ハンドメイドを初めて一番初めに取り組んだものでしたが、図や解説に省略が少なく、初心者でも分かりやすいものでした。

この本に載っているもので、バルーンパンツ、ロンパース2種類、スタイを作りました。センスも良く、おしゃれなものばかりで作るのが楽しいです。

長袖ロンパース

バルーンパンツです。

小さな子どもの手づくり服

created by Rinker
¥1,540
(2020/09/25 00:38:21時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは、とにかくおしゃれ!生地のセレクトも、素敵なものばかりで、布はどこのお店で買えるのかも全て載っていますので、この本に載っている通りのものが作れます。

この本に載っているものは、ロンパース、ドルマンスリーブワンピースとサスペンダースカート
の3種類を作りました。

 

まとめ

ちか
ちか
一番最初に最低限必要なものはこちらです
  1. ミシン
  2. アイロン、アイロン台
  3. ロータリーカッター(布の裁断用)
  4. マチ針、縫い針、ピンクッション
  5. ハサミ
  6. リッパー
  7. 定規
  8. 目打ち
  9. 水性チャコペン
  10. ハトロン紙

 

ちか
ちか
 この10種類のツールがあれば、十分に洋裁はできますよ。

作品を作っていくうちに、いろいろとほしいものが出てきますので、その時にまた購入するのをおすすめします。

ママとも
ママとも
ありがとうございます!何となくこんな者が必要なんだなーというイメージがわきました。

まずは本を買ってどんなものをつくるか考えようかな

ちか
ちか
 ちなみに、買ったツールや、布などは私の楽天ROOMからご覧いただけますので、

参考にしてみてください。

関連記事

独学でハンドメイドを始める人のスタートガイド【ミシン初心者】 そんな方のために、まず始めに何をしたらいいのかを解説します。 私は、子どもが生まれて、可愛い洋服を着せたいけれど、お店で気...
ハンドメイド初心者のベビー服の生地の選び方【ミシン初心者】 実店舗で布を実際に見てから買うのも良いですが、子どもが小さいので、なかなかゆっくり手芸店を見て回ることが厳しいんです。 ...
ハンドメイド初心者の失敗談
ハンドメイド初心者の失敗談4つを紹介します【体験談】 1.縫い代を理解してなかった。 出来上がり線と縫い代 出来上がり線とは、完成したときに一番外側になる線です。完成...
ミシンはお店で買う?ネットで買う?メリットデメリットを比較 という不安を持っている方のために、 筆者が、実際に情報を調べてミシンを購入した経験をもとに、実店舗で購入する場合と、ネット...
ハンドメイド初心者のためのミシンの選び方【ミシン初心者】 この記事では、「ミシンを始めたいけれど、どんなものを買ったらいいのかわからない。」という...

 

おすすめホットヨガ

筆者がおすすめしているホットヨガです。

産後ダイエットからスタイルアップまで、ずっと通い続けられるヨガです。